高知市で初めて注文住宅を建てる方のためのサイト » 高知市で家を建てる前に知っておこう » 高知市の住みやすさ

高知市の住みやすさ

投稿日:

高知市の住みやすさ

ここでは、高知市の特徴や住みやすさ、実際に住んでいる人の口コミなどを調べてまとめています。高知市で注文住宅をお考えの方はぜひチェックしてくださいね。

高知市の特徴

高知市のシンボルは高知城。その周辺には行政や商業、業務などの中高層の建築物が立地しています。さらに周辺になると低層の住宅が立ち並ぶ住宅街が広がります。
高知場周辺や都市計画公園など自然の緑は限られた場所にしかありませんが、現在住宅街やオフィス街の一部で緑化が積極的に行われているようです。

また全国的に有名な「よさこい祭り」は全国各地から人が集まり、大変な賑わいを見せます。

高知市の暮らしやすさ

交通の便

高知市の移動手段は主に車になります。夫婦ともに乗るため「自動車は一家に2台」が基本。特に子どもが出来たら車がないと生活できないと言われているとか。

車以外の交通としては路面電車があります。高知駅を起点に市内の主要スポットを走る路面電車は、市内の人々の重要な移動手段となっています。15分おきにくるので自由度が高く、運賃が安いのも魅力です。

治安などの住みやすさ

高知市は全体的にみて治安もよく便利なところですが、特に人気のある住居エリアは「万々(まま)」です。圧倒的な治安の良さに、スーパーや商店街などが数多くあるので住みやすさは好評。商店街ではお手頃値段の新鮮な野菜や魚などがズラリと並び、日々の食材は何でも揃います。
また高速インターが近く、大きなショッピングモールができたことから、一宮周辺も人気が高いエリアになっています。

子育て環境は?

高知市の子どもたちが健やかに成長できるために、「高知市子ども・子育て支援事業計画」に取り組んでいる高知市。健やかな子どもの誕生への支援として、妊娠期から情報提供や支援ができる体制を整備

また子育て支援センターの整備や子育てに関する相談支援体制の構築などによって、地域ぐるみの見守り体制の充実を目指します。待機児童解消の解消にも努めています。

高知の注文住宅事情

フラット35利用者調査から高知の注文住宅取得者データをまとめました

高知で注文住宅を建てた方々の家や土地の広さをはじめ、ご本人や世帯の年収、職業や家族人数など、ありとあらゆるデータを見やすくまとめました。「どんな人たちが家を建てているんだろう…?」と気になる方は、ぜひ参考にしてみてください。

本人年収

世帯年収

家族人数

職業割合

年齢分布

平均床面積(注文住宅)

平均建設費(注文住宅)

平均所要資金

※土地代も含め、注文住宅を建てるうえでかかった総費用の平均です。

参照元:住宅金融支援機構「2019年度フラット35利用者調査」https://www.jhf.go.jp/about/research/loan_flat35.html

住んでいる人の口コミ

飲食店やスーパーが多い

高知駅の近くに住んでいたため飲食店も多く、高知で有名なひろめ市場へも食べに行くことができました。スーパーも多くあり、買いたいものによってお店を選択できるのも嬉しい点です。

ただし、駅の近くは交通量が多いです。一通の道も多いので、運転が苦手な人には少しつらいかもしれません。

参照元:「goo住宅・不動産」https://house.goo.ne.jp/chiiki/town/area_kouchi/39201.html(※2020年9月時点)

保育園や幼稚園の数が多い

保育園や幼稚園の数が多く、自宅付近でも職場近くでも預ける場所があったのがとても便利でした。支援教室など独自の取り組みを行っている保育園もあるので、入園前にチェックしておくのも良いですね。

食品やスーパー、薬局、ホームセンター、コンビニなど生活に必要なお店が全て揃っているため、とても便利な地域だと思います。

参照元:「goo住宅・不動産」https://house.goo.ne.jp/chiiki/town/area_kouchi/39201.html(※2020年9月時点)

地域で子どもを見守ってくれている

市内には、児童が多い市立小学校や幼稚園から短大までの一貫私立校など様々な小学校があります。地区で運営している図書館や子ども食堂もあり、地域で子どもを見守ってくれているんだなという印象を受けます。

市内を流れる鏡川の土手には公園やランニングコースがあるのですが、とてもきれいな川なので虫取りや川遊びを楽しむこともできます。

参照元:「goo住宅・不動産」https://house.goo.ne.jp/chiiki/town/area_kouchi/39201.html(※2020年9月時点)