高知市で初めて注文住宅を建てる方のためのサイト » 今さら聞けない注文住宅の基礎知識 » 在来工法(木造軸組工法)について

在来工法(木造軸組工法)について

投稿日:

ここでは、「在来工法(木造軸組工法)とは?」という疑問を持っている皆さんに向けて、注文住宅の耐震性について分かりやすく解説しています。在来工法の特徴や2×4工法との違いをまとめていますので参考にしてみてください。

在来工法(木造軸組工法)とは

在来工法(木造軸組工法とは、日本で古くから使われている伝統工法をより簡単に使いやすく進化させた方法で木材を使用する建築方法です。この工法は、木造軸組み工法や在来軸組工法とも呼ばれています。日本の住宅の多くがこの在来工法で作られています。

2×4工法との違い

2×4工法は、ある程度規格が決まっていて工場であらかじめ加工を行ってから、建てていくスタイルが多いです。そのため、工期を短く済ませることができて人件費にかかる費用も抑えることができます。 屋根や壁・床に設置するパネルの面で家を支える構造となっています。壁をくりぬいたりリノベーションやリフォームを行う場合も大きくレイアウトを変えたりするというのは難しく、耐久性に問題が出てきてしまうこともあります。

在来工法では、柱と梁を配置することで住宅を線で支える構造をとっています。ある程度工場で加工することもありますが、職人の手による加工・仕上げが多いので工期が2×4工法に比べると工期は長くなりがちです。

住宅を建てる場合やリノベーションやリフォームを行う場合には、自由に間取りや間口の広さを設計できて、理想に近い住宅を建てることができます。

在来工法(木造軸組工法)で注文住宅を建てるメリット

設計の自由度が高い

柱と梁で構造を作り、壁を配置するという工法のため比較的間取りが自由になります。 在来工法では、柱と梁で家の構造を作っていきます。そのため、間取りや間口部の広さに関してはあまり制限がなく自由に設計を行うことが可能です。

レイアウト変更もしやすいため、リノベーションやリフォームを行う場合も間取りや間口部の変更も柔軟に対応してもらえます。

多くの業者が対応している

在来工法は、日本で古くから使われてきた工法です。そのため、住宅建築を行っている業者には在来工法で住宅を建てている業者がたくさんあります。そのため、中小規模の工務店に依頼する場合も施工を依頼できることが多いです。

リノベーションやリフォームを行う場合も、住宅を建てる際にお願いした会社以外にも依頼しやすいです。

在来工法(木造軸組工法)で注文住宅を建てるデメリット

工期が長くなりやすい

2×4工法と比較して、在来工法は工期が長くなりやすいというデメリットがあります。2×4工法は、ある程度工場で建築に使うパネルの加工を行っていて、システム化も進んでいるため工期が短期間で済むことが多いです。

しかし、在来工法では、職人が作っていく形をとっています。間取りを決める際の制約も少ないですが、工期も長くなってしまいがちです。

費用が高くなりがち

在来工法は間取りや使用する素材の制限が少ないので希望に合わせて作っていくことが可能です。また、在来工法でもプレカット加工を行って接合部に金物を使うようにしたため、工事がより効率よく無駄を省いて進めることが可能となっています。

しかし、2×4工法に比べて制約の少ない在来工法では自由になっている分、材料や工期が長くなることによる人件費で費用も2×4工法よりも高くなってしまうことがあります。

仕上がりにばらつきがある

ある程度規格が決まっている2×4工法では、品質もある程度の基準を守っている場合が多いです。しかし、在来工法では、自由な部分が多いため、品質も少しばらつきが出やすくなっているというデメリットがあります。大工の経験・スキルによって差が出やすいので注意が必要です。