高知市で初めて注文住宅を建てる方のためのサイト » 今さら聞けない注文住宅の基礎知識 » 地震に強い家とは

地震に強い家とは

ここでは、「地震に強い家とは?」という疑問を持っている皆さんに向け、注文住宅の耐震性について分かりやすく解説しています。

安全な家を建てるには「耐震」について知ることが重要!

地震大国といわれる日本。家を建てるとなれば、やっぱり地震に強い家を建てたいですよね。でも、「地震に強い家ってどんな家…?」という疑問を持っている方も少なくないのではないでしょうか?

そこで、地震に強い家の基準となる「耐震基準」についてや、その耐震性能を表す「耐震等級」についてなど、地震に強い家を建てるためにはぜひ知っておかなければならない“基礎知識”をまとめてみました。

「耐震基準」とは?

耐震基準とは、住宅の安全を守るためにクリアしなければならない耐震強度のことで、建築基準法で定められています。建築基準法には建物の面積や高さ、仕様等により異なる基準が定められており、それらをクリアすることで、建物の安全性を一定基準以上に保てるのです。

マンションやアパートなどが耐震基準をクリアしていない場合、その持ち主は罰金を課されることもあります。

耐震基準の経緯

日本で一番初めに耐震基準のようなものが設けられたのは1920年(市街地建築物法施行)。その後さまざまな見直しがなされ、1950年に「建築基準法」が確立されました。その後も大地震が起きるたびに改正が行われ、1981年には建築基準法の抜本的な見直しがされます。

この1981年6月以前に建てられた建築物は「旧耐震基準」、それ以降に建てられた建築物は「新耐震基準」に基づいて建築されているので、ぜひ知っておきましょう。

また、つい最近の2000年には壁の配置と金物の項目についても見直しが行われています。

耐震性能を表すのが「耐震等級」

では、耐震基準とは一体どのように表されるものなのでしょうか?

まず知っておきたいのが「耐震等級」。建物の耐震性は、この「耐震等級」によって表されます。

等級は3段階あり、上にいけばいくほど耐震性が優れているということ。「等級1」は建築基準法に定められている程度の耐震性能を備えていることを表し、数百年に一度の大規模地震に耐えられる程度の耐震性と表されることも多いようです。その上の「等級2」は、等級1の1.25倍の地震が発生しても崩壊・倒壊しない程度の耐震性能を備えていることを表します。そして一番上の「等級3」は、等級1の1.5倍の地震でも崩壊・倒壊しない程度の耐震性能を表しています。

耐震と免震の違いも知っておこう!

「耐震」と似たような言葉に「免震」があります。どちらも地震から住宅を守るための性能ですが、地震の揺れを軽減させるメカニズムが違うのです。以下に、その違いを簡単にまとめてみました。

  • 耐震…建物が地震に耐えるよう施すのが耐震。“揺れに抵抗する”ための性能であり、建物をガッチリ固定するための土台をつくります。
  • 免震…“地震の揺れによる衝撃を逃がす”ための性能であり、基礎部分に免震装置を設置します。地面と建物の間に免震装置を設けることで空間をつくり、揺れがダイレクトに伝わらないようにするのです。

では、建物本体が受けるダメージにはどのような差があるのでしょう?

耐震においては、地震の揺れ自体はダイレクトに伝わります。そのため住宅自体にヒビが入る恐れや、家具が倒れる恐れはあります。一方で免震は、揺れの衝撃を逃がすため住宅自体に負担がかかりにくく、家具が倒れる可能性も低くなります。

安全性の高い家を建てるには、まず上で説明したような「耐震基準」や「耐震性能」についてよく知ることが大切です。家族みんなが安心して長く暮らせる家にするために、ぜひ耐震についての知識を深めておきましょう!