高知市で初めて注文住宅を建てる方のためのサイト » 今さら聞けない注文住宅の基礎知識 » 軽量鉄骨造(プレハブ工法)について

軽量鉄骨造(プレハブ工法)について

投稿日:|最終更新日時:

ここでは、注文住宅の工法にどのようなものがあるのか知りたい方のために「軽量鉄骨造(プレハブ工法)」について解説します。軽量鉄骨造(プレハブ工法)とはそもそも何なのかという基礎知識をはじめ、在来工法(木造軸組み工法)との違い、軽量鉄骨造(プレハブ工法)で注文住宅を建てるメリット・デメリットをまとめてみました。

軽量鉄骨造(プレハブ工法)とは

軽量鉄骨とは、厚さが6mm未満の鋼材のこと。この鋼材を使って骨組みや床、壁、天井などの主要部材をあらかじめ工場で生産し、建築現場で組み立てる工法をプレハブ工法と呼びます。大手のハウスメーカーの手掛ける注文住宅や賃貸物件の多くが軽量鉄骨造(プレハブ工法)で造られているほか、手軽に建てられる特性から災害時の仮設住宅や建築現場での仮設事務所の建築にも用いられている工法です。

在来工法(木造軸組み工法)との違い

軽量鉄骨造は在来工法(木造軸組み工法)の柱や梁部分を木材から軽量鉄骨に置き換えたもので、工法自体にそれほど違いはありません。ただし、軽量鉄骨造(プレハブ工法)は建築部材の大半を工場で生産しており、現場で組み立てるだけで建物が完成するのが特徴です。また、工場で規格生産された部材を使用することから、在来工法と比べて間取りやデザイン性の自由度が低いという違いもあります。

軽量鉄骨造(プレハブ工法)で注文住宅を建てるメリット

品質が安定している

軽量鉄骨造(プレハブ工法)は工場で規格生産された部材を使用するほか、組み立て時もボルトやナットでパーツを組み付けるだけなので職人の技能に品質が左右されにくいメリットがあります。また、木材が水分量や木の部位などによってどうしても品質差がでてしまうのに対し、金属でできている軽量鉄骨は品質にムラがでにくいため、安定した高品質の住まいを建てられるのがポイントです。

工期が短い

軽量鉄骨造(プレハブ工法)は工場であらかじめ生産された部材を建築現場で組み立てるだけなので、現場での建築工程が多いそのほかの工法と比べて短い工期で住まいが完成します。そのため、工期の長い工法だと建築コストが高くなるのでは、と不安な方にはメリットを感じられる工法です。

費用を抑えられる

工場で大量生産された部材を使用するため、部材費を安く抑えられます。また、工期も短いので、人件費で建築コストがアップする心配が少ないのも特徴です。鋼材は木材よりも材料費がかかるので木造住宅と比べるとコストは割高になるものの、鉄骨やコンクリートなどを使用する工法のなかでは一番費用の安い建築法になります。

軽量鉄骨造(プレハブ工法)で注文住宅を建てるデメリット

デザインや間取りの自由度が低い

工場で規格生産された部材を使用するという特性上、デザインや間取りの自由度が低く、施主の細かい要望に応えにくいデメリットがあります。そのため、せっかく注文住宅を建てるならデザインや間取りにこだわりたいという方は在来工法(木造軸組み工法)のように自由度の高い工法を選ぶのが良いでしょう。

熱やサビに弱い

軽量鉄骨造(プレハブ工法)は木造住宅に比べて耐久性や耐震性に優れているものの、材質の特性から火に弱いというデメリットがあります。また、鋼材は木材より熱伝導率が非常に高く、断熱性に劣る面もあり。結露の原因にもなり、内部構造の鋼材がサビることで建物の耐久性が低くなる可能性も。そのため、軽量鉄骨造で注文住宅を建てる場合は断熱対策がしっかりとられているかを必ずチェックしておきましょう。

リフォームや増改築が難しい

プレハブ工法で家を建てるには施工側が国土交通大臣から安全上の認定を受ける必要があり、メーカーによって認定を受けている構造や工法が異なります。独自の構造や工法は企業秘密になっていることが多いため、施工したメーカー以外の会社で安易にリフォームや増改築を行なうと構造体のバランスが崩れて耐久性や耐震性を損ないかねません。

建築したハウスメーカーにリフォームや増改築を依頼すれば安全性は確保できるものの、費用が高くつきやすいデメリットがあります。