高知市で初めて注文住宅を建てる方のためのサイト » 今さら聞けない注文住宅の基礎知識 » 注文住宅を建てる前に知っておきたい間取りのポイント

注文住宅を建てる前に知っておきたい間取りのポイント

投稿日:

注文住宅を建てるときは、夢がいっぱい膨らんで、カッコ良い間取りにしたいと思ってませんか?もちろん、そんな間取りも素敵ですが、暮らしに合うものであることは何より外せないポイントです。

暮らしに合う間取りはそれぞれの家族によって異なりますが、失敗しやすい傾向もあります。それらを踏まえて、自分たちの間取りでは失敗しないように意識することが大切。

ここでは、失敗しやすい間取りと良い間取りにするためのポイントをお伝えします。

注文住宅で失敗しやすい間取りとは?

注文住宅では、間取りを自由に決められます。しかしそれ故に、失敗してしまうことも。間取りには正解はありません。ライフスタイルや価値観によって、満足できる間取りは異なります。

ですが、間取りに失敗したと感じるケースには、ある程度、似た傾向があるものです。失敗しやすいポイントを押さえておくことで、生活の質が上がる満足な間取りが作れるでしょう。

失敗しやすい間取りとは、一言で言うならば、「生活に合わない間取り」です。実際の生活をイメージして間取りを決めましょう。

失敗しやすい箇所

注文住宅で「間取りに失敗した」と感じる箇所は、傾向があります。失敗した時に大きな不満を感じやすい箇所とも言えるかもしれません。失敗しやすい箇所は、台所と玄関、そして収納です。それぞれ、失敗の傾向を紹介します。

台所は調理動線が混乱しやすいので配置を工夫

台所は、調理するときの動線が混乱すると失敗と感じやすいです。冷蔵庫から食材を出して、調理台で下処理をし、鍋で調理をしながら調味料を出し、調理後はお皿に盛り付けをして、最後はシンクで洗う。この一連の流れが途中で突っかかると、ストレスになります。食生活は、家族にとってとても大切なので、主に調理する人がスムーズに使えるよう、冷蔵庫やコンロ、シンク、調理台の配置を工夫しましょう。

対面キッチンやアイランドキッチンは、調理のニオイが他の部屋に流れていくので、換気システムも重要です。

玄関は狭くなりやすいのでゆとりの設計がおすすめ

玄関も失敗しやすい箇所です。特に、広さに関する失敗が多い傾向が見られます。玄関は出入りするだけだからと、広さにこだわらない人が多いかもしれません。

他の部屋の広さを確保するために玄関スペースを削りがち。しかし、外から帰ってきて、最初にリラックス感や幸福感を感じられるはずの場所が玄関です。狭苦しいと、心の満足度に大きく影響します。

無駄に広すぎる玄関ホールに落ち着かない人もいるでしょう。適切なゆとりの設計を検討してください。

窓がなくて暗い玄関も気分がドンヨリしてしまうので、窓を作って採光することも検討しましょう。

収納は不足しやすいので妥協しない

間取りの失敗で圧倒的に多いのは、収納です。特に、収納が足りないという失敗はとにかく多い。部屋の広さを優先して収納を削ると、部屋に物を出しっぱなしにすることになります。せっかく広い部屋も、ごちゃごちゃとして、狭く感じてしまえば意味がありません。

また、収納の失敗は、数やスペースだけではなく、設置する場所の失敗もあります。使う場所で出し入れできるように、収納の設置場所を検討してください。使う場所から離れた場所に収納してしまうと、結局出しっぱなしになりやすいです。

間取りで重視したいポイント

注文住宅の間取りで重視したいポイントは、「収納」と「生活動線」です。どちらかに不満がある家での暮らしは、満足度が大きく下がってしまいます。それぞれどのようなことに気をつければ良いか紹介しますので、参考にしてください。

収納を考える

間取りを考えるときのポイントのひとつは収納です。収納を作り過ぎて失敗したという例はあまりありません。ほとんどの場合、収納が不足してしまうか、場所が使いづらいかのどちらかです。

家にある物の量を把握して、必要な収納スペースを考えましょう。それらの物を、どこで使うのか生活のイメージをして、収納場所を決めてください。間取りを考えるとき、最初に収納スペースから決めても良いくらい、収納は生活の満足度を左右する重要なポイントです。

部屋は、家具を工夫すれば広く見せられます。収納スペースに問題があると、部屋に物があふれて整理できなくなるので、気をつけてください。

家事動線・衛生動線を考える

収納の配置が決まったら、次に考えたいのは、生活動線です。特に、家事動線とお風呂やトイレなどの衛生動線は重要。いちいち他の部屋を経由しないと目的の場所に行けないような間取りは避けましょう。

洗濯をして干す、掃除をする、調理して食卓に出す。家事は、一箇所で完結しないことが多いものです。一連の流れで場所が遠いなどの不便があると、大きなストレスとなります。トイレに行くとき、リビングを通らなければいけない間取りだと、来客時に困るでしょう。

実際の暮らしをイメージして、生活の動線に合う間取りを意識したいです。

注文住宅で失敗したくないなら収納を重視した間取りがオススメ

注文住宅の間取りで失敗しないためには、収納が大きなポイントです。収納は、今の生活に対しての必要十分な広さではなく、将来を見据えて、ゆとりのある広さを確保しましょう。子どもの人数やライフスタイルによって、適切な収納は異なります。自分たちの暮らしに合う収納を考えることが大切です。

注文住宅は自由度が高いので、ついデザインにこだわってしまいがち。もちろん、憧れのデザインを取り入れるのも大事ですが、実際の生活に合う間取りになっていることも大事。バランス良く、後悔しない間取りを作りましょう。