高知市で初めて注文住宅を建てる方のためのサイト » 今さら聞けない注文住宅の基礎知識 » 高気密・高断熱とは

高気密・高断熱とは

ここでは、最近よく聞く「高気密・高断熱」の家について詳しく解説しています。

そもそも「高断熱」とは何か?「高気密」とは何か?といった基本的な知識にくわえ、高気密・高断熱の家で暮らすことのメリットについても分かりやすく説明してみました。

高気密・高断熱住宅はたくさんのメリットがある住宅なので、これから注文住宅を建てようと考えている方はぜひ参考にしてみてくださいね。

高気密・高断熱の家って、どんな家…?

まずは、「断熱」「気密」それぞれの意味をチェックしてみましょう。

  • 「断熱」…断熱とは、壁などに断熱材を充填したり、あるいは外側から覆って家の中と外の環境を分けたりすることで、外の熱が中に伝わるのを少なくすることです。
  • 「気密」…気密とは、住宅の隙間をできるだけなくし、家の中と外の空気の交わりを断ち切ることです。

つまり、高断熱・高気密な住宅とは、壁・床・天井などに断熱材を使用するなどして高い断熱性・気密性を実現した住宅のことを言います。

高気密・高断熱の家に住むメリットとは?

では、高気密・高断熱の家で暮らすと、どのようなメリットがあるものなのでしょうか?

ひとことで言うと、“省エネ&快適な暮らし”が実現できます。

「断熱」と「気密」の施工をすることで、夏は外の暑さを遮れるため涼しい空気が室内を循環し、冬は外の寒さを遮れるため暖かい空気が室内を循環します。そのため、冷暖房器具にそこまで頼らなくても、年間を通して快適な室温を保ちやすくなるのです。暑さ・寒さのストレスから解放されるうえに、普通に暮らしているだけで省エネルギーになり冷暖房費を節約できるというわけですね。

また、高気密・高断熱の家は、環境にも貢献します。冷暖房を使う機会が減ることで、温暖化の原因となるCO2の排出量が減るからです。

さらに、住宅そのものの長持ちにもつながります。冬場に家の中と外の温度差が少なくなることで、結露が減り、住宅の傷みを防ぐことができるからです。

高気密・高断熱の家は、人に、住まいに、そして地球にもやさしいのです。