高知市で初めて注文住宅を建てる方のためのサイト » 今さら聞けない注文住宅の基礎知識 » 工務店とハウスメーカーの違い

工務店とハウスメーカーの違い

ハウスメーカーと工務店の違いについて分かりやすく解説しています。

ハウスメーカーと工務店
それぞれのメリット・デメリットは?

一般的には、全国的に営業拠点やモデルハウスを展開し知名度も高いのがハウスメーカー、一方で限られた範囲内で営業を行っているのが工務店、という分けられ方をします。しかし、最近は工務店の規模や営業スタイルもさまざまで、いわゆる“町の小さな工務店”や、フランチャイズの加盟店、また地域での中堅ビルダーなど、多様性が広がっているようです。

それぞれの特徴を表でチェック!

工務店

  • 企業規模・施工エリア:比較的小規模で、地域密着型
  • 施工の精度:現場の職人により品質が左右される
  • プランの自由度:希望の間取りや設備、内装材を取り入れやすく、自由度が高い
  • 工期(延べ床面積35坪程度の場合):4ヶ月~4.5ヶ月程度
  • アフターメンテナンス(修理や点検等):会社により対応が異なる。

ハウスメーカー

  • 企業規模・施工エリア:広いエリアに営業拠点を持ち、施工エリアも広域
  • 施工の精度:建築材料を工場生産することが多いため品質が均一になりやすい
  • プランの自由度:工務店に比べるとプランや設備に制約がある
  • 工期(延べ床面積35坪程度の場合):3.5ヶ月程度
  • アフターメンテナンス(修理や点検等):会社により対応が異なる

工務店には、ハウスメーカーより規模は小さくても、プランの自由度が高いなどのメリットがあります。ただ、工務店によって施工の品質やアフターケアには違いがあるので、しっかりと見極める必要はありそうです。

失敗しない工務店の選び方

大手のハウスメーカーはCMや広告などでよく見かけますが、工務店の場合は自分から積極的に調べないと目にする機会はなく、その特徴もつかみづらいもの。では、どのように工務店の特徴を見極めればよいのでしょうか…?

まずはホームページをチェック

家づくりにおいて何を重視しているか、どんな強みを持っているかは、ホームページを見るとある程度分かります。「自然素材にこだわった家づくり」「自由度の高い設計プラン」など、それぞれの工務店のアピールポイントが書かれているはずなので、しっかりと確認しておきましょう。

口コミも参考に

実際にその工務店で家を建てた人の口コミは、非常に参考になります。スタッフの対応やフォロー体制など、ホームページでは分からないことが見えてくることもあるので、ぜひチェックしておきましょう。

施工例の見学会に参加

建築中の住宅を公開する構造見学会、完成後のデザインや間取りを確認できる完成見学会などには積極的に参加してみましょう。工務店の特徴を知ることができるはずです。ちなみに、完成見学会は施主と工務店に信頼関係がなければ開けないものなので、見学会が多い工務店は施主と良い関係を築けていると判断できるでしょう。